So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京の初春、オリンピック、映画岡潔の妻

sazanka 499x682.jpg


①京都の昼は暖かくなって来ました。まだ、紅燃えるような山茶花に目立って黄色い雄しべが蜂を呼んでいて、蜂が蜜や花粉を集めていました。

suisennno dote499x665.jpg


水仙も冬に長いこと花を咲かせています。それらの花が終わろうとする時、馬酔木(アセビ)の花が咲いて春を感じます。

asebinohana 559x588.jpg


花がまず赤ピンク色の房をだらりとカンザシのようにつけてから白百合のような白色に変わり、メジロが蜜を吸いに来ます。

sakura me Feb26 499x683.jpg


桜の芽のつぼみも出て来ました。

自然緑地公園補修中677x508.jpg


山科区四の宮の疏水の自然緑地公園の改修工事が来月の3月完成をめどに行われています。 

来月は東山花灯路ももうすぐです。良い京都観光が食と共に楽しめます。町内では次のような案内が見られます。

chounaikannban poster 611x559.jpg


祇園 花の宴pos511x674.jpg



==②オリンピック==

ピョンチャンオリンピックで日本の メダル受賞者は、高木姉妹等の女性の活躍が多かった。

日本の女性は、体は小さいが、強いし、持久力があります。京都出身医者の娘で宮原さんも怪我を克復してよく頑張った。

評論家も最後パーフェクトで素晴らしい演技と褒めていた。努力家の羽生金メダリストも素晴らしかった。

これからも皆の努力を期待したいです。

 





③岡先生の妻の映画

/24日TV金曜ロードショー映画で「天才(岡潔)を育てた女房~」は、大変素晴らしかった。

主人公「みち」は、大阪の眼科医の娘で、変わり者ですぐにいくつもの大学教師の職を止める岡潔先生と結婚し、その都度極貧の苦労を重ねる。

岡先生の父が当時10万円(1億円程)の借金をしてフランス留学、昭和4年から3年間を支援してカルタン先生等による世界トップの数学を学び、

かつ、世界的数学の3大問題を知る。妻は、眼科医で旅費を稼ぎ、遅れて潔を支えにフランスへ行く。

furance.png


帰国後妻は出産、夫は、問題を次々解き始め論文を書く。所が、日本の数学者は、論文の内容が理解出来ないので認めない。

 

京都大学に就職出来ないので、広島大学へ飛ばされる。そこでは、子供2人まで養いきれない極貧の生活をする。

岡先生は病気(精神病)になり入院。妻は、病院から先生を連れ出し、岡先生の故郷和歌山の親の家に移住し、貧者の生活を送る。

その中、世界的論文を書き上げ、妻が京都大学へ論文を読んでほしいと涙ながら訴える。

そこで、米国留学予定の湯川秀樹がその論文を米国の有名数学者に見せ、それから更に、フランスのカルタン先生に届ける。

その価値が大評価される。世界の数学の発展に寄与して、カルタン先生が和歌山の岡潔先生の所に評価されたことを伝えに来る。

当時、ノーベル賞に数学が含まれていれば、確実にその賞を獲得していたでしょう。

bunnkakunnshou.png


最後の場面は、文化勲章を頂いた場面で、その勲章を妻の首に掛け替えて妻への愛を告げプレゼントする。

 

あらすじは、以上ですが、岡潔先生が大正14年に京都大学を卒業し、すぐそこの講師となり、当時学生だったノーベル賞受賞した湯川博士や朝永博士を教えている。

 

湯川博士は、他の授業は、全く面白くなく学校へ行かなかったが、岡潔先生の授業は面白かったので聴きにいった。

しかし、当初大学側は、斬新な考え方の岡先生と数学上の意見が合わず、首にしてしまう。

この映画に表されていない、重要な点が、あり、岡潔先生は、戦後から山崎弁栄上人を特に帰依していた。

妻の方が先に帰依しており、夫にも導いていた。毎朝早朝何時間、弁栄式の念仏修行をしている。これが、2人の心の強い支えとなっている。

更に、岡先生の戦後の世界的数学問題を論文にする助けになっている。

なぜなら、弁栄式の修行とは、日本式ヨガ瞑想のようなもので、それで気付きやひらめきが育てられるからだ。

それは、学問だけでなく、芸術も生きる上のあらゆることの進歩、真善美が得られものです。

妻はこの点で岡潔先生に貢献しています。岡先生は、日本人のオリジナリティーの示唆に富む多くの本「春宵十話」などを書いている。

弁栄上人著作の本「無辺光」に、前書きを書いて出版もしている。これは、大変難しいので「人生の帰趣」の方がよかったのですが・・・。

 

尚、湯川博士の墓は、知恩院の山本空外上人の墓の隣りにあります。山本空外上人も弁栄上人に帰依しており、


湯川博士も山本空外上人を尊敬して、戒名をつけてもらい墓を隣りにされているからと思われます。故に、岡先生夫妻、湯川博士も弁栄上人という共通のご縁があるようです。


更に、芸術関係で弁栄上人の影響を受けた人々も多くいますが、例えば、昭和201月京都の修道院の弁栄式別時会に参加した宝塚俳優、天津乙女とその仲間もそうでした。宝塚の髪ゆいさんが助言で広めたからです。


別時参加後は、踊りや歌が上手くなった。尚、天津乙女の隣家に住んだ手塚修は、彼女のショーを見てリボンの騎士等が創作出来、間接的ご縁はめぐっている。

ribonno kisi.jpg


④田中木叉先生の言葉


「してあげる事を手足をついやすと思うからいけない。舌の先でよい。「舌は剣、舌は味のもと」


舌、つまり、言葉は、傷つく剣にもあじのあるやさしい言葉にもなるということか。

 


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。